Loading

EF64-1000重連のELみなかみ

10月21日に上越線高崎~水上間で、「ELみなかみ」が運転されました。
EF64 1000番台の原色重連が12系を牽引する珍しいスタイルとなり、せっかくの編成美でしたが天気が残念でした。追っかけはせず、1回撮って帰宅しました。

EF641053+EF641052+12系【ELみなかみ】 2017/10/21 上越線新前橋-群馬総社
9731レ EF641053+EF641052+12系【ELみなかみ】 2017/10/21 10:15 上越線新前橋-群馬総社

やっぱりSL重連の迫力には及ばないですね。

東鷲宮の新幹線保守基地公開2017

10月14日に東鷲宮にあるJR鷲宮保守基地の一般公開が行なわれました。
ここは東北新幹線向けの保線用車両の基地で、九州で造られて東鷲宮まで運ばれたレールを東北新幹線に運ぶための設備や車両などが備わっています。今回はそのレール運搬用として2017年度より導入された「REXS」が初めて公開されました。



一見、JR東海のキヤ97を彷彿させますが、レールをつかんで操作するアームが付いているのが外見上の大きな特徴でしょう。



しかし、このREXSの最大の特徴は、同編成のレール運搬車(チキ風の車両)の上にレールが敷設されており、レールマニピュレータ(アームが付いている機械)がその上を移動できることです。



レール卸しは、まずレールの始点を地上に下ろしてから、モーターカーでレール運搬車を牽引して少しずつ地上に下ろしていくわけですが、マニピュレータがレールの終点でレールを固定し、モーターカーと反対方向にレール運搬車上を同じ速度で動くことで位置をキープ。こうすることでレールを安全・正確・スピーディに地上に下ろすことができるのだそうです。これは世界初のシステムであり、今回はその実演が行なわれていました。



このほか、レール溶接車(フラッシュバット溶接車)も初公開されました。

これら最新技術の保守車両を使って、東北新幹線大宮~新白河間の約140kmのレールを2025年までにすべて交換する計画となっています。
Tag: REXS

EF8195 カシオペア紀行@ワシクリ

10月14日にカシオペア紀行が運転され、EF8195が登板しました。
あいにくの天気でしたし、ワシクリの通過時間帯は日没後なので撮る予定はなかったのですが、水沢踏切を通ったら誰もいなかったのでとりあえず繰り出しました。それにしても暗かった。。。


9011レ EF8195+E26系【カシオペア紀行】 2017/10/14 17:11 東北本線東鷲宮-栗橋

高機&旧客@ワシクリ

黒磯駅の直流化で機関車付け替え運用が終了となり、東北本線は東北方面へ直通する場合に交直両用の機関車が必須となります。そうすると高崎車両センターの機関車がワシクリを走る機会は今後ほとんどなくなってしまうと考えられます。
これまで以上に寂しくなりますね。。。今日は旧客返却回送の過去画像を集めてみました。

◆ EF65501 基本的にはPトップ牽引でした。もうほとんど来ないのだろうな。

回9544レ EF65501+旧客 2009/11/06 9:55 東北本線栗橋-東鷲宮

◆ EF641001 なかなか入線してくれなかったですね。色が変わるようです。

回9544レ EF641001+旧客 2013/04/10 10:56 東北本線栗橋-東鷲宮

◆ EF6439 0番台が牽いてくるのはかなりレアでした。

回9544レ EF6439+旧客 2008/07/09 9:38 東北本線栗橋-東鷲宮

◆ EF641053 原色1000番台が高機に来たのが最近ということもあり、今回初めて実現。

回9122レ EF641053+旧客 2017/10/10 9:42 東北本線栗橋-東鷲宮

ロクヨンセンも水沢踏切で撮りたかったのですが、草がすごすぎて断念しました。

なお、EF6019は全く来ず。

EF64 1053+旧客 返却

10月10日に磐越東線で使用された旧型客車4両の返却回送が実施され、黒磯→尾久→高崎間はEF641053が牽引しました。原色のEF64-1000が旧客を牽いて宇都宮線大宮以北を走るのはここ20年で初めてのことではないでしょうか。

EF641053+旧客 2017/10/10 9:42 東北本線栗橋-東鷲宮
回9122レ EF641053+旧客 2017/10/10 9:42 東北本線栗橋-東鷲宮

なお、10月14日のダイヤ改正において黒磯駅が完全直流化されるため、今後、東北方面で使用される客車の送り込み・返却回送は田端のEF81が使用されることになります。

保存機、EF57 7。



宇都宮駅東公園には、かつて東海道から東北線、上越線など各線区で活躍したEF57の7号機が保存されています。
10月7日に一般公開が行なわれたものの、今年も都合がつかず行けませんでした。フェンスの外から撮った画像を備忘録としてUPしてみます。



保存場所はフェンスで囲まれていますが、なんとか撮影はできます。



EF57の特徴的な大きいデッキ。EF58からはデッキはなくなっているため、まさにデッキ付き機関車の最終形態です。



EF57は模型でしか見たことはないのですが、やっぱ実物はかなりカッコいいですね。
ここは架線も設置されているので、パンタグラフを上げた同機の姿は、あたかも今すぐにでも動かんとする躍動感と貫禄をまざまざと魅せつけています。
宇都宮駅東公園は、宇都宮駅から徒歩15分程度のところにあります。EF57 7は屋根の下に保存されているので、撮影なら曇の日がお勧めです。いつか撮り直しに行きたいです。

撮影DATA:すべて 2010/12/30
Tag: EF57

逆ギラリ カシオペア@ワシクリ

カシオペア紀行の回送が盛岡から戻ってくる日曜日。
通過が16:50頃ということはちょうどギラリとなる時間帯。いつもとは逆向きではありますが、果たして、今日の結果は・・・。


回9012レ EF8180+E26系 2017/10/08 16:47 東北本線東鷲宮-栗橋(後追い)

すばらしき太陽光線。どうして下り運転日にこの天気にならないのか…。

四季島も12月頃になればまあまあ輝いてくれるでしょうかね。


****M E001系四季島 2017/10/08 15:31 東北本線東鷲宮-栗橋(後追い)

磐越東線DE10重連+旧客(2003年)

DE10重連+旧客4両【あぶくま紅葉号】 2003/11 磐越東線三春-要田

10月8日に「磐越東線100周年号」なる列車が郡山~いわき間で1往復運転されます。
やることがあって撮りに行けないので、14年前に運転された「あぶくま紅葉号」の写真を引っ張り出してみました。DE10重連+旧客4両でしたので、当日もこの出で立ちとなるのでしょう。

紅葉号と言いつつ沿線は全く紅葉していないし、とにかく暗くて苦闘した思い出があります。当時は通過の30分前でも余裕で場所取りできました。

撮影DATA:DE101651+DE10+旧客4両【あぶくま紅葉号】 2003/11 磐越東線三春-要田

EF8180 カシオペア紀行@ワシクリ

ワシクリではシーズンオフとなったカシオペアですが、それを知らないのか相変わらず結構な人が集まっていました。
通過が17:10前後、日没が17:14 ですからどんなに晴れても満足な結果は得られません。今回は先週の四季島と同じく、そば畑にて待ち構えました。そばの花も時期が短くて枯れ始めています。


9011レ EF8180+E26系【カシオペア紀行】 2017/10/07 17:10 東北本線東鷲宮-栗橋
FC2 Management