Loading

DD51 842をつくる(3)

アオシマのDD51制作記、最終回です。いよいよ完成したDD51842の公開です。チェーンとホースの取り付けには苦労しましたが、こうして仕上がってみるとその堂々たる姿は圧巻ですね。色もFARBE朱色4号そのままで全然問題なさそうです。2エンド、公式側。マークなし2エンド、非公式側。北斗星マーク。残念ながら尾灯の片方が点かなくなってしまった…サイドビュー(クリックすると拡大画像をご覧いただけます)DD51842はお召指定機です...

DD51 842をつくる(2)

アオシマのDD51制作第2弾。今回はまずは塗装のお話。DD51の国鉄色は「朱色4号」を採用しています。とはいえ、担当工場や入場時期により多少の色の違いはあり、DD51842をはじめ高崎車両センターのDD51(担当は秋田総合車両センター)は少し赤みがかった色をしている印象があります。エアブラシを持っている方は当然のごとく自前で調合して実車に近づけていくわけですが、私は万年初心者、缶スプレーです。制作頻度、スキルからして...

DD51 842をつくる(1)

青島文化教材社(アオシマ)よりOJスケールのDD51プラモデルが発売されてだいぶ久しいですが、今年の10月頃からようやく制作に着手しました。発売当初に購入したものの、1年以上ストックしていたことになります…。このほどついにお披露目できる状態になりましたので、全3回に分けて制作記を書いていきたいと思います。どうぞ最後までお付き合いください。製品のプロトタイプはJR北海道の北斗星仕様のDD51。2016年中に全車が運用を...