Loading

SL大樹 試運転を撮る(下)

6月17日にSL大樹の試運転の様子を撮影してきました。2便目の往路は沿線唯一の鬼怒川と絡めて撮影できる河川敷のポイント。ここは近くに公園があり駐車場やトイレもあるので安心です。試7003レ C11207+ヨ8634+14系+DE10109 2017/06/17 13:16 東武鬼怒川線大桑-新高徳後からわかったのですが、ここでブヨに刺されたらしく、しばらく痒みが続いています。行かれる方は十分ご注意ください。さて、撮影後、ゆっくり撤収しても車移動...

SL大樹 試運転を撮る(上)

8月に運行開始となる「SL大樹」の試運転が東武鬼怒川線下今市~鬼怒川温泉間で実施されています。走行距離は12.4kmと、日本ではもっとも短距離を走るSL列車となりますが、往復で勾配があり蒸機ならではの躍動感を味わえます。転車台に乗る前に正面から見たC11207。1便目の転車台披露は10:30頃。往復ともSLが先頭になるため、下今市と鬼怒川温泉には転車台が設置されました。鬼怒川温泉駅の転車台はかつて三次駅で使用されていたも...

14系が東北本線を走行

2月20日から23日にかけて、急行はまなすで使用された14系座席車4両が手稲より熊谷貨物ターミナルを経由して南栗橋へ甲種輸送されました。北海道内での大雪により半日近く遅れたことで、白昼堂々、宇都宮線を上ってくる姿を見ることができました。9172レ EH500-35+14系4両 2017/02/22 10:43 東北本線栗橋-東鷲宮とにかく感慨深いシーンでした。ワシクリは水沢踏切東側で最後に14系を撮影したのは、もうかれこれ15年前、「懐かし...

南栗橋車両管区でC11207走行

東武鉄道「SL大樹」の牽引機C11207が南栗橋車両管区内で連日、試運転が行なっています。と言っても試運転は平日限定で、今日はツアーの試乗会が行われていました。ツアー客を乗せて構内を走行するC11207+ヨ3両 2017/02/25 11:43少し場所を移動して正面気味に 2017/02/25 12:37撮影は見学広場より。SLが走行する日は開放されているようです。この広場横に仮のホームが建設されていて、今日はそこまでの運転。走行距離が短いために...

DE101099、ようこそ南栗橋へ!

東武鉄道SL復活運転プロジェクトでC11207を支える重要な役どころであるDE101099が12月23日未明、東武電車にサンドされて南栗橋車両管区へ到着しました。走行は興味はあるものの夜中は雨が降っていたのでパスして、日が昇ってから車両管区へ見に行きました。8000系と850系にサンドされて検修線に佇む電車+DL+電車の珍編成これだけ撮って帰るつもりでしたが、8000系が動き出したので車両管区の門のところからデーテンの入換を見学し...

14系、ようこそ南栗橋へ!

東武鉄道南栗橋車両管区に12系・14系が到着しました。幼少時から栗橋に住んでいて、まさかこんな日が来るとは夢にも思いませんでした。本当に感慨深い出来事です。南栗橋車両管区に到着済みの8000系にサンドされた14系長旅を終え、ここから新たな第二の人生が始まる先に到着した12系2両は基地の端に留置されています。部品取り(14系とは使用部品が異なるため、事実上のスクラップか?)になると思われます。せっかくミクリまで来...

12系・14系甲種輸送@東武鉄道

多度津から遠路はるばるやってきた12・14系の甲種輸送も、いよいよ最終局面の東武鉄道へ。東武鉄道ではすでに機関車が淘汰されているため、8000系805編成と81106編成が12・14系をサンドしての輸送となりました。輸送は10月4、5日の両日、深夜に羽生→東武動物公園→南栗橋の経路で実施されました。8000系に挟まれる14系トップナンバー3両。だれがこんな未来を予測できただろうか東武電車と国鉄客車がつながる、誰もが初見の光景8000...

12系・14系甲種輸送@秩父鉄道

一路、南栗橋を目指す12・14系ですが、10月3、4日に秩父鉄道熊谷貨物ターミナル→羽生間で2回に分けて甲種輸送が実施されました。3日が12系+14系の3両、4日が14系トップナンバーの3両。両日ともデキ505(茶)とデキ507(青)が全区間PP牽引し、JR線と同じデザインのヘッドマークが掲出されました。さて、3日はあらかじめ午前休を取得して撮影へ。もう二度と見れない12・14系混結編成ということで、一発目の武川付近には大勢のマニア...

12系・14系甲種輸送@熊谷タ

東武鉄道南栗橋を目指す元JR四国の12・14系。いよいよ最終目的地到着を目前にし、熊谷貨物ターミナルで休んでいる様子を撮影してきました。今更ながら、東武に向かっている12・14系は次の6両。スハフ14 1、オハ14 1、オハフ15 1、スハフ14 5、オロ12 5、オロ12 10手前がスハフ14 5、奥がスハフ 14 1 14系の4両はもともとはJR東海が所有していた車両。スハフ14 5の塗装だけちょっと濃いのは、この車両だけ元はユーロライナー塗装で...