Loading

DD51大集結、高崎鉄道ふれあいデー

9月23日に高崎車両センターにて「高崎鉄道ふれあいデー」が開催されました。今年の目玉は高崎車両センター所属DD51の4並び。今までありそうでなかった展示内容となり注目を集めました。このほか、D51498+ホキ、DE101705、休憩車両として12系が展示されました。D51498とホキ800の編成。イベントならではの組み合わせ。くつろぎ塗装のDE101705.会場からは上信電鉄へ譲渡された107系も見ることができた。「日本海」ヘッドマークのDD51...

大宮 鉄道ふれあいフェア2017

毎年恒例のJR東日本大宮総合車両センター・JR貨物大宮車両所の一般公開が5月27日に開催されました。メインの並びはDD51842、EF652139、EF65501の3両。DF101557。大宮車両所でのDE10の検査は同機がラストとなる。乗車体験の253系1000番台とACCUM。大宮で検査を受ける小田急4000系。パテ盛りされた251系。もはや機関車の展示はJR貨物だけで良いのではないでしょうか。JR東日本の機関車展示はもう限界に来ているのが見え見えですね。...

DD51 842をつくる(3)

アオシマのDD51制作記、最終回です。いよいよ完成したDD51842の公開です。チェーンとホースの取り付けには苦労しましたが、こうして仕上がってみるとその堂々たる姿は圧巻ですね。色もFARBE朱色4号そのままで全然問題なさそうです。2エンド、公式側。マークなし2エンド、非公式側。北斗星マーク。残念ながら尾灯の片方が点かなくなってしまった…サイドビュー(クリックすると拡大画像をご覧いただけます)DD51842はお召指定機です...

DD51 842をつくる(2)

アオシマのDD51制作第2弾。今回はまずは塗装のお話。DD51の国鉄色は「朱色4号」を採用しています。とはいえ、担当工場や入場時期により多少の色の違いはあり、DD51842をはじめ高崎車両センターのDD51(担当は秋田総合車両センター)は少し赤みがかった色をしている印象があります。エアブラシを持っている方は当然のごとく自前で調合して実車に近づけていくわけですが、私は万年初心者、缶スプレーです。制作頻度、スキルからして...

DD51 842をつくる(1)

青島文化教材社(アオシマ)よりOJスケールのDD51プラモデルが発売されてだいぶ久しいですが、今年の10月頃からようやく制作に着手しました。発売当初に購入したものの、1年以上ストックしていたことになります…。このほどついにお披露目できる状態になりましたので、全3回に分けて制作記を書いていきたいと思います。どうぞ最後までお付き合いください。製品のプロトタイプはJR北海道の北斗星仕様のDD51。2016年中に全車が運用を...

カシオペアとEF8181&DD51842返却

土曜日は恒例のカシオペア紀行。例によって近場のワシクリにて撮影です。青空となれば、いつものアングルで決まりです。8009レ EF8180+E26系【カシオペア紀行】 2016/07/30 17:05 東北本線東鷲宮-栗橋カシオペア紀行は、現状発表されている設定では北海道へ行くのは今回はラスト(8月中にも2回設定されていました)。来週はカシオペアクルーズ、8月~9月は盛岡行きや信州方面となるため、再び北海道へ渡るのは設定されても10月...