Loading

釧路湿原にて丹頂鶴を撮る

2月15日から4泊5日で北海道に行ってきました。撮ってきたものを少しづつ記事にしていきたいと思いますので、どうぞ最後までお付き合いいただければ幸いです。

さて、今回の旅の目的はかねてから撮りたかったSL冬の湿原号。11月頃から上司に長期の休暇(と言っても3日だが…)を取りたい旨を伝え、スケジュール的に中旬ならOKと許可が下りました。ところが、皆さんご存知のとおり、直前になりSL冬の湿原号の牽引機であるC11171が車輪不具合で突然の運用離脱。一時は旅の中止も考えましたが、キャンセルするのももったいなく冬の北海道を満喫すればいいんだと自分に言い聞かせての出発となりました。

釧路空港に着いて、とりあえずは丹頂鶴を見に釧路駅経由でバスで鶴見台へ移動しました。夕方でしたが、まだたくさん残っていてくれてよかったです。

タンチョウヅル
たんちょうづるの一家?

丹頂鶴
頭の赤いところがアクセントでかわいい

16時を過ぎると続々と塒に向かって飛び立っていきました。タンチョウヅル、エレガントで美しいですね。

釧路湿原
バスから見た釧路湿原(太陽はガラスに反射して写っているだけ)

数時間のバス移動でしたが、
釧路空港→釧路駅:960円
釧路駅→鶴見台:1000円
鶴見台→釧路駅:1000円
と、なかなかの出費でした。でも、地図で見ると結構な距離なんですよね。なので納得。
駅前のビジネスホテルに宿泊し、翌日はいよいよ「DL冬の湿原号」の撮影です!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿