Loading

秋田港の24系は、今…

北海道遠征の最終目的地は、もはや北海道ではなく秋田県。やってまいりました、秋田港!
ここには第二の人生を歩むべく海外譲渡を待つ24系元青森車が大量に留置されています。しかし、輸出先の都合でか、かれこれ1年以上置きっぱなしの状態となっています。海風にさらされながらも車体のダメージは少なく、往年の活躍を思い起こさせます。

24系青森車 秋田港
あたかも鉄道模型のように並ぶ24系たち

24系青森車 秋田港
かつてのあけぼのや日本海で見られた白帯24系がいまここに

24系青森車 秋田港

24系青森車 秋田港

上飯島駅から徒歩30分弱でしょうか。途中、猛吹雪になり大変でしたが、やはり「ブルートレイン」はカッコいい。新天地で早く活躍してほしいと思う反面、どうか日本でまた走ってもらえたらと思ってしまいます。

(取材日:2017年2月19日)

以上で北海道遠征2017冬の連載記事は終了です。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿