Loading

さらば烏山線キハ40!

3月3日をもって烏山線キハ40の運用が終了しました。
最後に所属車8両の塗色を振り返っておきましょう。これら車両がこのあとどうなるかは追って注目したいところです。
キハ40 1001[烏色]
キハ40 1002[烏色]
キハ40 1003[]
キハ40 1004[首都圏色]
キハ40 1005[首都圏色]
キハ40 1007[]
キハ40 1008[烏色]
キハ40 1009[烏色]

宇都宮運転所 キハ40
宇都宮運転所に停泊するキハ40烏山色の2両

最終日は平日にも関わらず、縁もゆかりもないところから大勢のマニアが押しかけて「ありがとー!」という謎の奇声の中、その歴史に幕を下ろすのが最近のダイヤ改正の風物詩でしょうか。烏山線キハ40は栃木のローカルな路線をただただ走り続けてきた車両ですから、地元の人たちに見守られながらひっそりと役目を終えるのがまさに「有終の美」な気がします。今回の大宮支社の引退イベントにはそんな配慮と愛情を感じました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿