Loading

秩父の雲海を撮る

秩父地方は11月は雲海のシーズン。前日が雨で、夜中から晴れとなれば、かなりの確率で雲海が見られるようです。12日はその条件が揃い、そんでもって土曜日。前日に会社のイベントで疲労困憊でしたが、早朝に定番の秩父ミューズパークまで出かけました。

YH6_6243.jpg

現地に着くと想像をはるかに超える人だかりが・・・。最前線はガチ勢が三脚を広げて陣取っているし、2列目、3列目と並んでいてもはや立ち入る隙間もありません。鉄道イベントのように順繰りに場所を譲ってくれれば良いものの、誰も一歩も動く気配がありません。
すると、親切な方が脚立を貸してくれるというので、お言葉に甘えて撮ったのが一枚目。ありがとうございました!

YH6_6254.jpg

しばらくすると朝日が昇ってきました。2列目に入れたのでカメラを持ち上げて撮りました。その後、霧が斜面を上がってきてしまい、それと同時に最前列が撤収。これが雲海終了のサインのようです。

さて、このままでは不完全燃焼なので、ミューズパークに並んで有名な美の山にも行ってみました。

YH6_6298.jpg

YH6_6317.jpg

だいぶ霧が晴れてしまいましたが、こちらは山頂をはじめ中腹にも展望台があり、いたるところから秩父盆地の雲海を見ることができました。
条件が揃ったらまた行ければと思います。今度は(自分を含め撮影できない人のために)三脚持参で・・・

鉄道趣味もモラルがない・マナーが悪いなど散々な言われ様ですが、「自分さえ良ければ」というのは風景を撮る人にも同様にいるものだと痛感しました。まぁ、雲海は刻一刻と状態が変化するので、交代しながら撮りましょうなんて発想はありえないことなのかもしれませんが。
それにしても、秩父ミューズパークの展望台に一番近い駐車場P10は、ありがたいことに今月は24時間開放となっているわけですが、それにもかかわらず路上駐車してる人がいて、本当に理解に苦しみました。

なんか苦言ばかりでしたが、秋の朝の空気が清々しくて気持ちよく、朝日の中の雲海は最高でした!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿