Loading

東武ファンフェスタ C11207撮影会

YH6_7018.jpg

12月4日に東武鉄道南栗橋車両管区にて毎年恒例の「東武ファンフェスタ」が開催されました。
今年の目玉は何といってもC11 207となりましょう。しかし、撮影・見学は事前応募による抽選となっており選ばれた者しか見学できないシステム。くじ運が激しく悪い私は当然のごとく落選するわけで、かなり割高ではありましたがSL撮影会が組み込まれた北千住→会場直通のツアーに参加してみることにしました。

YH6_6907.jpg
南栗橋車両管区に到着した会場まで直通の300系。マークは「団体戦用」だった

300系は北千住を12:20に出発し、南栗橋駅までノンストップ(東武動物公園に一時停車)。その後、車両管区に入線し、車体洗浄を通過して13:10頃に留置線に到着しました。1両に30人程度で6号車は未使用、ガラガラでした。

YH6_6914.jpg
8111編成とJRの253系1000番台が並ぶ。ツアー参加者限定の反対側より 

300系を降りて、いよいよSL車庫へ。
ツアー参加者へはサプライズで、C11207の走行シーンがお披露目されました。

YH6_6940.jpg
汽笛一声、勢いよく蒸気を上げてスタートダッシュするC11207

YH6_6949.jpg
先ごろ発表されたSL大樹のヘッドマークを掲出しながらの走行

YH6_6956.jpg

このあとはSLに近づいての撮影会となりました。時折、蒸気を出して活き活きとした蒸機の姿を間近で堪能することができました。

YH6_7025.jpg

YH6_7062.jpg

YH6_7046.jpg

また、大井川鐵道で解体の危機にあったヨ5000形ヨ13785が北陸ロジスティックにて復元され、すでに南栗橋に到着しており、サプライズでC11に連結されました。

YH6_7181.jpg
C11207+ヨ13785。一方で、C11の後方上部には東武の無線アンテナが搭載済み 

来年より運行が開始となるSL列車の列車名も「SL大樹」と決まり、終始、そのヘッドマークが掲出されていました。

YH6_7142.jpg

YH6_7043.jpg

YH6_7053.jpg
取材で出水アナやパックンなどの姿も…(TBS 外国人記者は見た! の取材の模様)

YH6_7103.jpg
JR東と東武社員の記念撮影にちゃっかり写る日テレの藤田アナ

YH6_7077.jpg
運行開始が待ち遠しい…

YH6_7132.jpg
甲種輸送後、ずっと留置されている12系

YH6_7226.jpg
14系はオリジナルのまま使用される予定

北千住→南栗橋だけで7800円とかなり高額なツアーでしたが、ツアーにはC11207の石膏の粉末造形3Dフィギュアがついておりました。でも、粉末造形って7800円じゃ赤字になるのでは?というくらい実はかなり高価なものです。大切にしたいと思います(笑)

YH6_7233.jpg
撮影会には参加できず、休憩車両より展示車両のサマリーを

南栗橋までチャリで20分程度のところに住んでいながら7800円のツアーは本当に大きな出費でしたが、SLの走行サプライズもあり、参加者も少なくてじっくりと撮影が楽しめて充実した一日でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿